PR
著者の書籍


2012年04月18日

リフォーム代金が払えない!?Vol10

ブログランキングに参加しています。
banner2.gif ←クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ ←クリックお願いします。
更新の励みになります。

過去の記事を読んでいない方は下記を
参照して下さい。
リフォーム代金が払えない!?
リフォーム代金が払えない!?Vol2
リフォーム代金が払えない!?Vol3
リフォーム代金が払えない!?Vol4
リフォーム代金が払えない!?Vol5
リフォーム代金が払えない!?Vol6
リフォーム代金が払えない!?Vol7
リフォーム代金が払えない!?Vol8
リフォーム代金が払えない!?Vol9

おはようございます。

まで進展は無いのですが、今後「支払い
督促」が、どのように進んで行くのか簡単
に説明します。

何せ自分自身ですべて行うのは、今回が
始めてなので間違っていたらごめんなさい。
また指摘して頂けると嬉しいです。

まず自分(債権者)が、裁判所に支払い
督促申立書提出しました。(現在はここ)

       ↓     ↓

次に裁判所にて、申立書の受理・審査
行います。

       ↓     ↓

裁判所の審査にて問題がなければ、
裁判所から自分(債権者)と相手(債務者)
支払督促発付されます。

       ↓     ↓

相手(債務者)が受領します。

       ↓     ↓

相手(債務者)は、
異議申立てがあれば
2週間以内
に行います。
※相手(債務者)が2週間以内に異議
 申立てを行った場合は通常の訴訟に
 なります。

       ↓     ↓

相手(債務者)が異議申立てを行わなか
った場合、自分(債権者)は、申立て期間
が過ぎてから
30日以内に仮執行宣言申立
を裁判所に提出します。

       ↓     ↓

ここで、また裁判所の
申立書の受理・審査
が行われます。

       ↓     ↓

問題が無ければ、裁判所の方から
仮執行宣言が発付されます。

       ↓     ↓

相手(債務者)は、ここでまた異議申立てが
あれば2週間以内に行います。
異議申立てがあれば通常の訴訟になります。

       ↓     ↓

ここでも相手(債務者)が異議申立てを行わ
なければ、強制執行に移る事が出来ます。

まだまだ先は長いですね。
進展があれば報告します。

更新の励みになります。

banner2.gif ←クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ ←クリックお願いします。
374346・2.11


posted by take at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2DK×8室(1棟) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ