PR
著者の書籍


2013年01月24日

電化製品の値下げ合戦の実験2

ブログランキングに参加しています。
banner2.gif ←クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ ←クリックお願いします。
更新の励みになります。

おはようございます。

昨日の続きになります。
電化製品の値下げ合戦の実験

本題に入る前に説明しときますが、
本来、値段があまり変わらないなら
1,000円〜2,000円ぐらいの値段の
差なら、このような実験のような事は
しません。

時間などが無駄になるからです。
今回の場合は、店舗間の移動時間は
車で、5分〜10分ぐらいの時間です。

今回は、実験と遊び心で行いました。

昨日の値段ですが
表示価格で1番高い価格が
「53,800円」但し、価格は店員に相談
して下さい。の但し書きが有り

次に安かったのが、展示品の
「36,800円」です。但し展示品なので
パスです。

一番安かったのが「32,000円」です。


結果は・・・




27,000円
で、ポイント無しです。わーい(嬉しい顔)

まずまずでしょう!

一番安い価格の32,000円からも
5,000円OFFです。

この位、安くなるなら1時間ぐらい
時間を掛けても良いかもしれませんね。

ちなみに、ヤフオクで新品の同商品の
値段は、30,000円の送料別です。

逆に言うと、家電量販店で購入して
ヤフオクで30,000円で売れるとすると
それだけで3,000円儲かってしまいます。

但し、商品によって値引率も違ってきま
すし、色々とコツがあるのです。

むやみに、値下げ交渉しても
ここまでは下がらないと思います。

反応が良ければ、この手の話の続編
コツの部分を「メルマガ」か「ブログ」で
書きたいと思います。

更新の励みになります。

banner2.gif ←クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ ←クリックお願いします。
466594・7.12.+5.1(14.7)


posted by take at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ